テレワーク

テレワーク 在宅勤務経験者のメリットデメリット

昨今、世間では働き方改革やテレワークなどと騒がれており、政府もテレワーク・デイズと言って国民にテレワークを行いましょうという呼びかけをしていました。

実際にこの呼びかけに応じてテレワークを始めた企業はほとんどないと思います。しかし、今年に入りそんな状況が一変しました。

新型のコロナウイルスの影響で、密閉された空間や人が密集した場所では感染のリスクが高まるので、イベントや満員電車、会議室での会議など多くの人が密集するようなところは避けるようにと政府からお達しがありました。

 

見直される働き方

それから、各企業が徐々にテレワークの環境を急いで構築したり元々テレワークの環境があった企業も在宅勤務の制度を整え始めました。

そして、2、3ヶ月が経ち多くの企業が在宅勤務での仕事となっていると思います。今ではサービス業などのどうしても出勤しなくてはならない会社以外はテレワークを導入しようとしていると思います。

私はIT系の会社で働いているので周りの企業はほとんどテレワークを行っています。テレワークの環境ができていない企業からのお問合せもあり、1週間で環境をつくることもしました。

このような状況の中でまだテレワークの環境ができていない企業もあると思いますのでテレワークのメリット、デメリットを説明していきます。

 

テレワークのメリット

テレワークのメリットは大きく分けて以下の3つだと思います。

・人との接触を避けられるので感染症の対策になる

・通勤時間を他のことに使える

・満員電車のストレスを回避できる

 

人との接触を避けられるので感染症の対策になる

こちら言わずもがなですね。現在は多くの企業は感染症の対策としてテレワークを導入しようとしています。

企業は従業員とその家族のことまで考えなければなりませんし、さらに社会的な責任もあります。

世間で感染を予防しようといっている中で、企業が何の対策も取らないで、多くの感染者をだしてしまったら、会社が回らないだけでなく、世間からのバッシングは免れないです。

こういったこともあるので、テレワークを入れることは企業を存続していく上で、必要不可欠であると言えると思います。

 

通勤時間を他のことに使える

私はついこの前まで通勤にドア to ドアで役1時間かけて通勤していました。しかし、今回の件で、会社で全体でテレワークを行うことになり、自宅で仕事をしていますが、出社しなくても良いというのはとても時間を有効活用することができます。

これまで通勤に使用していた1時間を睡眠にあてることもできますし、朝の時間を使用して読書だったりゆっくりしたりと好きなように活用することができます。

さらにいつも出社していたようにスーツを着なくてもよいですし、髪型もきっちりとセットする必要がないので1時間上の時間をつくることができます。

なので、出社をしないというだけで、人生の幸福度がかなり上がるのではないかと思います。そして、私はそこまで、人付き合いが好きな方ではないので、無駄に誰かに気を遣うこともないですので、とても自分らしく仕事ができると思います。

 

満員電車のストレスを回避できる

そして、テレワークの1番のメリットといっても過言ではないくらいメリットですが、満員電車を回避することができることだと思います。

私は日本で1番痴漢の多い電車と言われている埼京線を使用していますが、この電車の込み具合は以上です。

これに乗っているだけで気分が悪くなることが多々あったので、この電車に乗らなくても良いだけでストレスがぐっと下がります。

なので少しでも多くの企業がテレワークを実施することで、朝の満員電車を減らすことができる上に、ストレスフリーな働き方ができるのではないか思います。

 

テレワークのデメリット

テレワークのデメリットは大きく分けて以下の3つだと思います。

Web会議、チャットツールなどでのコミュニケーションが対面よりも取りづらい

・仕事で分からないことがあった時に聞きづらい

・社員がしっかりと働いているか確認しづらい

 

Web会議、チャットツールなどでのコミュニケーションが対面よりも取りづらい

テレワークの1番のデメリットは何といってもこの問題ですね。働いていると絶対に他の人とコミュニケーションを取らなければならないと思います。

しかし、在宅ワークですと気軽に話すこともできないので、メールやチャット、電話でコミュニケーションを取ることになります。

対面ではないと話辛い内容もありますし、内容がしっかりと相手に伝わっているのか、実際にその話の熱の入れようというのが対面ではないと分かりづらいこともあります。

こういったことがテレワークのを行う際のデメリットだと思います。

 

仕事で分からないことがあった時に聞きづらい

これは新入社員の方たちが苦労することだと思います。会社に入社して、仕事のことがあまり分からないような状況で在宅勤務というのは少々厳しいです。

何をするにも会社のルールがあり、業務的な内容やその分野での知識が足りなくて仕事が進まないということが1日に10個くらい出てくると思います。

そんな中でメールやチャット、電話を使用していては仕事は進みません。さらに直接聞きにいくのとは違い、1日に何度も連絡を入れるのはなんだか申し訳ない気持ちになって連絡を取りづらくなります。

そこで、少しでも連絡が遅れると、新入社員で仕事はそこまで早くないので、どんどん仕事が遅れてしまいタスクがたまっていってしまうという悪循環に陥ります。

 

社員がしっかりと働いているか確認しづらい

こちらのデメリットはどちらかというと管理者側のデメリットです。

テレワークは実際に会社に来ていないので、従業員が何時に仕事を始めたのか、就業時間中に仕事以外のことをしていないかが把握できないです。

なので、資産管理ツールを入れてパソコンのログを取ったり、1日のスケジュールを確認したりすることぐらいしかできません。

どこまで突き詰めるかによりますが、最終的には社員のことを信頼するか、完全実力主義にして売り上げなどの数字で判断するかという選択になると思います。

 

最後に

ここまでテレワークについてのメリットデメリットを説明してきましたがどうでしたでしょうか。それぞれ良い面もあれば悪い面もあると思います。しかし、私は実際にテレワークを行って良かったと思います。

その理由としては、上で紹介したメリットだけだなく、新しいことにチャレンジしたことで今まで当たり前だと思っていたことが実は無駄であったり、それとは逆にそれまでの環境のありがたさに気づくことができたからです。

このテレワークを通じて働くということに対して改めて考えさせられることなりました。世間でもこのテレワークを実施することで、今だけでなく今後の働く環境が変わるきっかけになれば良いですね。

実際に世間の考えが変わっていくのはひとりひとりが考え発言、行動することで小さいコミュニティから波及していき全体に行き届くものです。

常に無駄を省き、働きやすい環境を自分たちでつくっていき最高のワークライフにしていきましょう。

 

カテゴリー: IT系社会

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です