ピザ

デブエット 体重10㎏増量までの道のりpart2

今回は「デブエット 体重10㎏増量までの道のり」の続編としてどのような食生活で体重を増やしたのか書いていきたいと思います。

また、体重を増やしていくには普段からどのようなことに気を付けていけばよいのかもご紹介できればと思います。

正直、食生活についてはいかにカロリーを摂取するかにかかってきます。

なので毎日きっちり食事をとることが何より大切です。

私も苦労しましたが、1日1食でもご飯を抜くとすぐに体重が戻ってしまうので、油断せずに食事をとるように注意してください。

 

高カロリーなものを摂取

先ほどもいいましたが、体重を増やすにはとにかくカロリーを摂取するしかありません。

しかし、高カロリーなものってなんだか分からない方も多いと思います。

高カロリーなものはかつ丼や牛丼、ケーキなどのお菓子類とたくさんありますが、私は良くパンを食べるようにしていました。

その理由としましては、手軽に食べやすく高カロリーな上に消化が早くすぐにお腹が空いてくるからです。

コッペパンや銀チョコロールなど私は甘いものが好きなので良く食べていました。

このようなものを普段の食事にプラスして食べれば必ず太ることができると思います。

さらに前回の記事でご紹介したプロテインを活用すれば相乗効果を得られ、さらにプラスの効果を上げられます。

しかし、上記のような脂質の多いものを摂取していると脂肪がついてお腹だけ出てくるということが起きます。

なのでそんな事態を避けたい方は食事の取り方を工夫すると、少しは改善できると思います。

 

毎日5回に分け食事をする

毎日3回に分けて食事をする方がほとんどだと思いますが、5、6時間ほど空けてから食事を思いっきり取ろうとすると血糖値が急激に上がり脂肪が付きやすくなるんです。

詳しく知りたい方はこちらの大塚製薬のホームページを見てください。食べたものがどのように脂肪になるのか詳しく記載されています。

大塚製薬ホームページ

なので、ポイントしては3時間ごとに軽食をとることです。

同じ食事の量でも、脂肪になりにくく効率良くカロリーを摂取することができます。

これに筋トレも混ぜて行えば、ただ身体を大きくし、体重を増やすだけでなく、きれっきれのボディも同時に手に入れることができます。

 

10kg増えたその後

私は上記のような食事方法で体重を60kgから72kgまで増やすことができました。

体重が10kg違うと見た目の印象が結構変わるので、もうガリとかひょろっとしているということは、まったく言われなくなりました。

ただ気を付けないといけないことは、それまで着ていた服がパツパツになって着れない服も出てくるので、新しい服を購入する必要が出てきます。

体重が増えて気づくことも多く、細いときにはまったく考えなかったことも太ってから考えるようなことも数多く出てきました。

その1つに腕や足があまり太くなっていないことが挙げられます。

胴回りは結構がっちりしてきたのですが、筋トレが足りないのか体重の増量が足りないのかどちらか分かりませんが、あまりかっこいい身体にはなっていないことです。

こちらの問題は私がこれから実際に自分の身体で実験し、どうのように解決したのかを書いていきたいと思いますので、次回の更新をお楽しみにしてください。

 

最後に

ここまで、デブエットのご紹介をしてきましたが、どうでしたでしょうか。

読んでみると、摂取カロリーを増やして体重を増やすといったシンプルなことしか書いていないと思います。

しかし、この当たり前のことを1日も欠かさずに継続して行うことで、実際に効果が出てくるのです。

成りたい自分の理想像を思い描き、それに対してひたすらに行動していればきっとできます。

それでも、続けることができないのでしたら、誰か友達や家族と一緒にやってみると良いかもしれません。

自分1人では長続きはしませんが、誰かとやることで楽しくデブエットができるかもしれません。

理想の身体を手に入れるまで頑張ってください!

 

カテゴリー:

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です